i-MoSとは


モデル空間研究所(i-MoS)は、熊本大学インキュベーションラボラトリー内で、社会連携を目的とした活動をしています。

CIMチャンピオン養成講座の運営や、CIMを学ぶの編集、国土交通省でのCIM関連の各委員会への参加等が主な仕事です。

なお、景観委員会や土木遺産・文化的景観に関する委員会もいくつかあります。

代表略歴

小林 一郎 (Ichiro Kobayashi)

1951.5 大分県別府市 生
1976.3 熊本大学大学院工学研究科
土木工学専攻修士課程修了 
1978.7  第一回欧州橋梁調査『1978』
1988.4  京都大学工学部土木工学科
内地留学 (~’89.2)
1992.4  Ecole Centrale de Lyon
国立リヨン中央工科大学(フランス)
固体力学教室訪問研究員(~'94.3) 
1997.5

(社)土木学会論文賞受賞

『世界初トゥルノン橋の建設について(総合題目)』
熊本大学工学部環境システム工学科・教授

2000.8

土木学会土木史研究員会・幹事長(~'04.8)

2002.3

Teaching Award (熊本大学工学部)

2006.7 風景デザイン研究会 会長
熊本大学大学院自然科学研究科・教授
2007.4 国立ナント大学工学部(フランス)
技術史研究所招待教授(~'07.5)
2012.12 グッドデザイン・サステナブルデザイン賞
『曽木の滝分水路』
2016.4 熊本大学大学院先端科学研究部・教授
2017.4

熊本大学大学院先端科学研究部・特任教授

2017.8

土木学会・建設マネジメント委員会
グッド・プラクティス賞(小林研でのICT活用)

2021.1

土木学会デザイン賞・最優秀賞
『山国川床上浸水対策特別緊急事業』

2022.4

熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター  特任教授

2022.6

土木学会論文賞
『曽木の滝分水路における継続的なデザイン』

主な著書

 CIMを学ぶ

:モデル空間研究所編

 

風景のとらえ方・つくり方

 ー九州実践編

:風景デザイン研究会編(共立出版)

 

◆日本の土木遺産

:土木学会編(ブルーバックス)

 

建物の見方・しらべ方

 ―近代土木遺産の保存と活用

:文化庁歴史的建造物調査研究会編(ぎょうせい)

 


研究員

増田 敦彦  (Atsuhiko Masuda)

中島 幸香 (Yukika Nakashima)